• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びBTTB


頭上から小さくコツコツコツと音がする。啄木鳥だ。

頭上から小さくコツコツコツと音がする。啄木鳥だ。

 頂上に近くなると不意に雑木林になり、柔らかな落ち葉が敷かれた盆地で足を止めた。荒かった息遣いが止むと頭上から小さくコツコツコツと音がする。啄木鳥だ。その可愛い音色に表情が緩む。

 昨夜から降り続けた雨は都内だけだったようだ。山肌や空気は湿っているものの、ふかふかの落ち葉が積もった山道を走る楽しさを初めて知った。
実は凹んだ金曜日の夜、ラッキーなことに友人がトレイルランニングに誘ってくれたのだ。



後何回山道を走ることが出来るだろうか。

後何回山道を走ることが出来るだろうか。

 山を駆け抜けたところで全て忘れてチャラになるほど単純でも、お気楽でもないが、ただ走らずにはいられなかった。

 今年も寒くなってきた。素人トレイルランナーにとって、後何回山道を走ることが出来るだろうか。



 何かあった時、いつも自然に語りかけているような気がする。

それは沖縄の海であったり、旅路の荒野であったり、山であったりする。

Back to the basicということか。

そうすることで気づくことがある。

スポンサーサイト

稜線を駆ける 2

 トレイルランニングの2回目は機会以外に早くに訪れてきた。偶然にも2009年「稜線を駆ける」の時に訪れた城山~景信山が今回のコースだ。トレイルランナーを始めてみたのもこの山だった。あの頃の気持ちも思い出し、感慨深いコースを臨む。
 山頂につくとあの日と同じ木が立っていた。山頂茶屋で働く人達の会話が耳に入ってきた。「台風で倒れなくてよかったねぇ…」そうだ。変わらない風景は非常に繊細な条件によって支えられているのだ。
 それから景信山山頂まで一気に向かう。
 今回は上る楽しみが味わえた。走り方はいろいろ変えながらトライしてみたが、ぐんぐん坂道を登る快感は、乾いた喉に水をごくごく流しこむような爽快感のようだ。夢中で乾きが水を捉えるように、足が地面を、気持ちが山頂へと次のグリップを求めている。
 ただしそんなに長い時間続くものでもなく、立ち止まっては風景の中で大きく息をして休んだ。山が「まだ来い、大丈夫だ」と言っているような気がして、再び走りだす。
 下り坂も楽しかった。山からわずかに許された獣道を捉えながら風景と一体化しながら一気に駆け下りる。気づくと予想よりも早く下山していたようだ。
 終始なにかに優しく包まれているような安堵感と言うか、そんなものをずっと感じていた。「山に抱かれている」そんな感じだろうか。
 自然を守り、変わらない風景のために何が出来るのか、そんなことも考えてみた。


東京スカイツリー

歴史の証人になれる

歴史の証人になれる

東京スカイツリーの施工から完成までの間、東京に入れるという事はある意味歴史の証人になれるという事だ。この境遇をラッキーだと思った。
 数年前、何となく安藤忠雄氏と新しい東京タワー(厳密には違うのだが)というネットでの記事を読んでドキドキした記憶がある。こんなバカでかいものが本当にできるのかと半信半疑で過ごすうち、東京に引っ越してきた。次いで東京スカイツリーの建設が始まった。


経験による獲得

 以前「Always~3丁目の夕日」に建設途中の東京タワーの映像が出た時、既に完成品として存在している巨大ものにもその過程があったのだとまざまざと知らされた。それはいつでも見れる訳ではなく、建設途中に東京にいた極限られた人々の記憶にある。情報がザーバーにアップされて、いつでも取り出せる状態でありながらもやはり経験という事に関してはインターネットでは補えない。その象徴的な経験を自分は得られるチャンスにある。


案外それはあっさり現れた

案外それはあっさり現れた

 既に東京スカイツリーの近くまで行った家族や墨田区に住む友人の話からだんだんと自分の中でテンションを上げていき、晴れた暖かい春の日に見学を決行した。
 案外それはあっさり現れた。と言うのもデカクてどこからでもビルの間からニョキっと見えているのだ。


美しい建設途中

 建設途中とはいいながらも既に綺麗な外観をしている。足下を見ると工事現場らしさはあるものの、上を見ると建設途中なのか完成なのかの区別はつきにくい。
 あまりにもビル然としていて途中というような感じがせず、いまいち感動にかけたというのが率直な感想。
 夕刻の柔らかい光に照らされた東京スカイツリー(途中)。当然だが、デカクて写真の枠に入りきらない。首も痛い。
 麓の下町とのコントラストが面白い。ここもやがて変わっていくのだろうか。



師走の京都

京都

2009年の師走、京都を訪れた。
快晴の鴨川…し、しかし寒い!寒すぎる!!

京都

飛び石をジャンプして鴨川を渡る。
子供たちも大人たちも楽しそう。

京都

昼は巨大穴子天ぷらどんぶり。
味、ボリューム、値段ともに良。



京都

大混雑の師走の錦市場。
鶴橋(大阪)とはかなりイメージが違う

京都

関東ではなかなか見ない丸餅。
東京もんからすると「いなか餅」と
呼ぶそうな。


京都

気付けば漬物屋で1時間近くワイワイやってた。
試食してあれこれはしゃぐ楽しいひととき。



京都

名物「蕎麦ぼうろ」も試食。素朴で美味い。
お土産に買いました。

京都

一保堂にてお正月用の玄米茶「大福茶」
を購入。これまた美味い。

京都

鴨川沿いの箒屋で箒とたわし購入。
あれこれ騒いでいると西洋人も興味津々。
たわし買ってました。(笑)



京都

通りの店、すべてが老舗っぽくて凄み
がある。

京都

店先で突き立ての鏡餅をさましていた。
お米の甘い匂いがした。

京都

豆餅もお土産に。とにかく美味しい!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。