• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍とWEBの違い

 電子書籍についてあれこれ幻想をいだいていたので、実際利用しているユーザにインタビューして、あれこれ調べてみた。
 結果一番強い打撃を受けたのが「無料なのがWEB、有料なのが電子書籍」という言葉だった。
 いや、これいろんなコト突いているなと思いました。
 巷で騒いでいる電子書籍ブームに便乗する前に、お金出しても読みたいものや、知りたい情報であるかどうか再確認する必要がありそうです。
 電子書籍の作り方は様々で、それこそWEBの様な作り方もある。主流(?)になっている「InDesign」での作り方は印刷業界のものだが、文字サイズが自由に買えられることや、デバイスによってちかう画面表示を考慮すると、むしろWEBのリキッドデザインの知識の方が有益な気がする。
 実際調べれば、調べるほどWEBと電子書籍の違いって何だ?と分からなくなってくる。
 そこでもう一度よみがえるのである。「無料なのがWEB、有料なのが電子書籍」という言葉が。

 さて、今度はデバイス側での視認性などを聞いてみた。「iPhone/iPad」の解像度や、アンチエイリアスがかかったあの美しい表示を見ればもう「Kindle」の電子インクのメリットもそれほど感じ無いような気がします。電源の持ちは異常に長いですよね。
 そうなると何で目が疲れていたのかというと、不適切な文字の大きさと、コンテンツ以外の情報の乱立ではないだろうか。広告チラシの隙間にある重要な情報って想像するだけで、眼の奥が痛くなるような…
 さらに片手でこするようなアクションでめくれたりスクロールできるデバイスは想像以上に読み返しが簡単だ。マウスのジョグダイヤルって意外に目が見たいものとスクロールの反応がまだ追いついていないような気がする。

 ここまで来て、やっとWEBと電子書籍の違いが少し見えてくる。
<1>有料が故に、広告媒体など余計な情報が入らない。
<2>よって極力ナビゲーション等のインターフェイスを介さないコンテンツのみのデザインになる。
<3>デバイス依存が強いために、WEBよりもリキッドデザインになる。

それぞれ独自の進化をとげ、両メディアに明確な違いが出てくるのはもう少し先の話かもしれないな。

スポンサーサイト

WEBメールの使えるとこ

 メールクライアントを使用せず、Google AppsGoogle Chromeの組み合わせで数カ月たったが、もういまさらメールクライアントには戻らないだろうとじわじわ感じる。
 タブが軽快なので送受信画面、すべてのメール一覧、書きかけ、などすいすい横移動でき、リマインダとしても使える。つまりすべてのタブが閉じられた時、そのタイミングでのタスクがすべて完了したことになる。WEBページと交えて開くので参照するのも早い。
 数分、数時間単位で巡ってくる何もないデスクトップを眺めると、ほんのつかの間無心になる。
 ついでに再起動なんてすると余計にさっぱりする。

 さてとまた再開するか、怒涛のタスク潰しに。


facebookの中核(その2)

 facebookページのコンテンツとデザインの第1目的はいかに「いいね!」会員を獲得するかにかかっている。そういった意味では非常に賞味期限が短いものだ。
 さて、Twitterでフォローしたアカウントページ、「いいね!」会員になったfacebookページに頻繁に再訪問するかといえば、その数は少ないだろう。更に「Google Reader」によって能動的にサイトを訪問することも少なくなった。つまりサイトのデザインを見る機会がかなり減ったのだ。デザインよりも、情報を求めるからだ。
 今後は時間をかけ、手の込んだデザインのサイト構築よりも、facebookページのように基本情報とウォールの更新が中心のテンポのいい要望が増えるかもしれない。


facebookの中核(その1)

 先週に引き続きfacebookを追い掛けた一週間だった。
 いよいよfacebookページの構築サービスをスタートするため仕様や3月10日からの「iFrame」対応など内容も盛り沢山だった。
 さてクライアントへ提案に行くにあたり、構築の方針をプロデューサとミーティングしたところ不思議な感覚を抱いたのでメモを。
 まずfacebookページ構築にあたって3つの軸がある。
 【1】ウェルカム要素(言い方ダサいね):ページの目的や発言団体の紹介。これは通常のWEBサイトでも既に実施されている。認知度の高い企業などはあえて必要ないのかも。
 【2】WEBサイトへの誘因:既存のリソースの利用と情報の補足という意味で。
 【3】「いいね!」会員にさせるための仕掛け:これに尽きるが、結局ユーザーに「いいね!」会員になってもらわなければ通常のWEBサイトとなんらかわらない。「レッドブル」facebookページのあのえげつないほどのデザインはある意味正しいと思う。
 補足で言っておくとfacebookページのデフォルト表示にオリジナルで制作した「ウェルカムページ(仮称)」を設定しても、それは一般ユーザーのみに対しての設定で、「いいね!」会員には自動的に「ウォール」が表示されるようになる。
 ここまでくると段々分かってくるのだが、facebookページで、いやfacebookで中核をなしているのは、とにかく「ウォール」であるということだ。 

続く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。