• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジングサザエさん(町子ラン)

 コースをぐるぐる回るだけでなく、ある目的地に向かって走り、戻ってくるというイベント性を加えたランニングをしようと思った。
 ここしばらく地図を見ながらいろいろ検討したが、思い付いたのは「自宅から長谷川町子美術館まで行って手ぬぐいを買ってくる」というものだ。非常に馬鹿馬鹿しいかもしれないが、今日凄く晴れていたので、何となくなプランを決行することにした。
 あらかじめ道に迷いそうな箇所は「キョリ測」のマップ画像を携帯に入れて行った。役には立ったのだが、意外にこじんまりとした小路が多く、数回迷った。お陰で予定より1~2km余分に走った。
 途中の水分とエネルギー補給は「ウィダーイン」にした。飲んですぐ走っても胃がもたれることなく、すぐに動き出せた。凄い商品があるんだなぁと改めて感心した。またガソリンを入れつつ長距離を走るなんて今までしたことなかったので、その辺も楽しかった。
 緑地公園を抜けたり、風情ある商店街を観察しながら徐行したり、涼しげな神社を発見したりなど風景の変化も楽しい。
 最終的に通称「サザエさん通り」に辿り着いた時、拍手喝采が聞こえたような気がした。もちろん錯覚だが、これも目的設定した醍醐味だろう。
 手ぬぐいのデザインは以前のままだったので今回は見送り、代わりに新製品の風呂敷(大)にした。原作漫画のイラストがかわいい。色も紺色で渋い。
 さて、僕はランニングバックパックを持っていないのでそのまま商品を握り絞めて帰ることになる。帰りの時間が気になったので、早々に復路についた。
 普段は10kmくらい走っているが今回は往復30km。20km越えた地点で急激に脚に疲労がきた。未体験ゾーンは覚悟したものの、なかなか辛い。それでも何とか夕方には戻って来れた。
 今は布団の中でぐったり漫画を読んでます。「サザエさん」でなく「AKIRA」。急に読み返したくなったので。ただこのサイズど重量はちょっと辛し。

 いずれにせよ、今日は新しいチャレンジにトライしたので気持ちがいい。レベルはどうであれ、いつもチャレンジングしたいものだ。

スポンサーサイト

花開いたラン

ランニングがようやく楽しくなった。
楽しくなった要因は3点
・走行中の楽しみ方が増えた
・走行距離が伸びた
・タイムが伸びた

昨年から毎週末に仲間と集まってランニングするようになり、週に1~2回程度だが、距離は1回につき5km~10kmというのを続けている。その後ワイワイ食べたり飲んだりするのであまりダイエットとかの観点からするとあまり効果的ではないが、後ろめたさは少しなくなる。
数ヶ月走ってはいるものの、実は最近まで自分の中で走ることがしっくりこず、半ば義務的な気持ちも感じながらも参加していた。
頭では運動したほうがいいというのは分かっているが、「しんどい」とか、「面倒臭い」など気持ちの面では前向きではなく、走っても疲労や息切れなど、体の面でもうまく機能しきれていなかった。
そこでどうやったら楽しくなるか、どうすればしんどくならないかなど、いろいろ考えては試して見ながら走り続けた。

具体的に試したのは2点。
・体を揺らさず、足を使って走る
・コンディションに合わせた走り方を変える

ジャップするような走り方ではなく、どちらかと言えば「競歩」に近い走法になる。まずこの走り方のおかげで息切れがなくなった。また足音が聞いていて気持ちいい。バタバタした騒がしい音ではなく、サクサク軽いリズミカルな音で何時までもつづくようなミニマルな反復が長時間走るのにも効果があるように感じる。
また下半身を使い、上半身はリラックスしているので、コンディションのコントロールが冷静にできるような気がする。
このおかげで、細かく走り方を切り替え疲労を軽減し走りを楽しむことができる。
凸凹道を走る時は腰を落として、疲れたときは上体を起こし、前かがみで足を自然に前に出させる感じに、坂道では腕を後ろに引っ張る感じで振るなど、科学的な根拠などは全くわからないが、自分の気持ちの良い方法を確かめながら走っている。

取りあえず飽きるまでとことん走りこもうと思う。

試しにランニングバックを見に行ったら「帰宅ラン用をお求めですか?」と言われた。そんなジャンルもあるほどにランニング業界って盛り上がっているのか!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。