• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから空を見に行ってきます。


信号機

  思うところがあって、空を見上げたくなった。これ以上高いものは何も無い、邪魔するものは何も無い、山頂からの果てしなく丸い空を。
 ビルや電線で囲われた武蔵野の夕日も趣があるが、人間臭さというか、こじんまりして慌ただしい雰囲気があるのは否めない。いろんな思いが頭の中を巡るが、決してカラッポになる事はない。
 先日タイミングよく先輩が声をかけてくれて明日山に出かける事になった。準備中もうきうきとした感じは無く、ただぼーっとバックパックに荷物を詰め込んでいる。なるべく地上では何も決心しないようにといった感じだ。僕は空に救いを求めているのだと思う。


tube

 「インドに行ったからといって何も変わる訳ない。あなたは場所に期待し過ぎだ。」旅の出発前に知人に言われた言葉だ。キツい一言だった。でも全くその通りだと思う。インドに行きさえすれば、この重たい荷物すべてがチャラになる、そう思って出かけたのだ。ただ変わる事ができるのは自分自身の力であり、場所が自分を変える事は無い。変わらなかったといって場所の所為にするべきではない。
 とはいえ僕はインドを初め様々な場所を巡っては生まれ変わったような体験をした。それは錯覚かもしれないが、信じる思いがあればそれはそれで良いんじゃないかと思う。変わろうが、変わるまいがどうだっていい。そこへ行きたい、その思いだけだ。そこに神なんていないし、奇跡も起こらない。ただ空があるだけだ。旅はもう既に始まっている。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。