• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの秘密戦隊の機械


午後の光

 携帯電話が好きになり、ちょこちょこ遊ぶようになった。きっかけは「待受けFlash」や「絵文字」「デコメ」を作っているうちに携帯電話をいじくるようになってからだ。以前は電話とメールだけのシンプルな使い方しかしなかったため、ほとんど説明書も見なかったが、改めて「Bluetooth」をはじめ興味のあるものがあることを気付かされた。
 この携帯電話という最小のデバイスは形こそ違うが子供の頃に憧れた秘密戦隊の機械(腕時計式のトランシーバーの様なもの)のようだ。忘れていたことだが、いつの間にか僕らはそれを手に入れて既に使っていたのだ。夢は形が変わっても必ず実現するものだという事を再認識した。
 若年層のものと決めつけていた携帯サイトを見るようになったのも自分で携帯サイトを作るようになってからだ。しかし「さあ携帯サイト作るぞ!」とノッていた矢先に「iPhone」が登場し、あっさりPCサイトを表示されてしまった。肩すかしを食らった気分だが、技術というのはそういうもんだ。また着手するのが遅すぎたと反省もした。

森永ミルクキャラメル

 電話としての機能面でよく使うのはスピーカーだ。自室など静かな場所で通話をする時はハンズフリーで行う。skype(スカイプ)を利用したヘッドセットマイクでの通話は、通話中にファイルのやり取りや関係資料のネット検索、メモ書きなどハンズフリーできてすごく快適だったのでそれだけで感動した。
 また複数人で通話内容を把握し、回答出来るのも魅力の一つだ。
 何か作業しながら発信する際は呼び出し中はをスピーカーに、繋がったら通常のモードにしての通話などこまめな使い方もしている。
 純粋な気持ちで、楽しんだり好奇心を持って取り組む姿勢を携帯電話から学んだように思う。「iPhone」も欲しいけど「PSP go」でゲームもやってみたいな。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。