• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールジャパンのかけら


1964Tokyo

 学生時代は自炊していたため、料理はできる方だと思っていた。しかし、技術は一旦現場を離れ、時が経つと当然錆び付く。日本を離れ約2年が経ち、旅の中盤を迎えたトルコのカッパドキアで久々に自炊しようと思った。西へ向かうに従い物価が高くなり、外食もそうできなくなる。今のうちから自炊する習慣を付けておこうと思ったからだ。
 最近の大学生は素直だ。当時一緒にトルコを回っていた大学生のバックパッカーは一口食べるなり即「不味い」と言ってくれました。その回答の早いのなんのって。
 これではいかんと思い、すぐに首都・イスタンブールに移動し、当時日本人旅行者がよく利用するという安宿「コンヤ・ペンション」にチェックインし、早速日本人のお姉さんに料理を教わった。忘れていた事も多く、自分でも材料をいじっているうちに段々と感覚を取り戻して来た。
 それが実際に花開いたのはスペインだ。スペインでの週末と言えばフィエスタだ。友人たちが手料理や酒をそれぞれ持ち寄り、誰かの家でパーティーを開く。当時僕はスペイン語がままならないため、なんとか会話の潤滑油になればと思い日本料理をしばしば持参した。


Teema

 「これは、あの悟空(ドラゴンボール)が食べていた、アレか?」
 あるスペイン人が興奮気味におにぎりを指差していた。
 「そうだよ。そのまま手づかみでがぶりと食べてみて。」
 彼は憧れのアレ(おにぎり)をついに食べる事ができたようだ。それから満面の笑みで、「うまいよ、すごいよ、君は料理が上手だな。」
 ちょっと違う気もするが、クールジャパンのお陰と言うか、とにかく嬉しかったです。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。