• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立って仕事する

デスクからこたつへ

デスクからこたつへ

 最近自宅では作業場がデスクからこたつに変わった。理由は単純で「寒いから」だ。ただあぐらをかいての作業はどうしても腰に負担がかかる。部屋の構造上、もたれかかる壁も近くに無い。しばらくすると腰が痛く寝っ転がっては伸びて、また戻ってと繰り返している。
 解決法はデスクに戻って本来の正しい姿勢で作業するに限る。


同じ姿勢で労働してはいけない

 ある雑誌で「海外の会社見学」という特集をやっていたが、(確か)フィンランドではある決められた時間以上同じ姿勢で労働をしてはいけないと言う法律が定められているようだ。なるほど挿絵(写真)には座ったり立ったりしてディスプレイに向かっているスタッフが撮影されている。


立って仕事する

立って仕事する

 海外ドラマの「CSI:NY」が好きで、よく見るのだが、彼らの仕事場でも様々な格好で作業がされている。最初は立ったままのPC操作が落ち着かないなと感じていたが、案外そうでもないようだ。
 アイデアに煮詰まったらオフィスをうろうろするが、これもひとつの仕事法だろう。さすがに歩きながらPCは操作しないが、強張った身体が伸びて単純に気持ちいい。


オフィスをうろうろと

 今後はオフィスに背の高いテーブル(または天板に何も置いていない背の高い収納棚)を置いて、数時間ごと交互に移動しながらやってみるのもいいかもしれない。
 「勉強や仕事は座って落ち着いて」既成概念にとらわれない柔軟なアイデアはこんなところから生まれるのかもしれない。


CSI:NY

[ dorama ]

本当にハマるとはおもわなかったが、そうなってしまった。これが海外ドラマの質の良さなのだろうか。「相棒 Season.8」も頑張って。
CSI:NY


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。