• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを始めるにあたって その1

本当は知らなかったんです

本当は知らなかったんです

 ある広告代理店の方に「学校のブランディングに使える何か面白いものはないか」と問われた。咄嗟の問いかけだったので驚いたが、ちょうどその頃ユニクロのブログパーツ「UNIQLOCK」が話題になっていたこともあったので、その学校専用のブログパーツを作って、学内外のブロガーに配布してはどうかと軽~い感じで話した。するとブログの開設から運用までトータルに面倒見てくれないかと言われた。その際「どうです、ブログってやってみると面白いですか?」と彼に笑顔で見つめられた時「えぇ、まぁ…そうっすね…」とごにょごにょとしか返答(?)できなかった。


ブログを始めたきっかけ

 その当時は友人のブログや、製品のレビュー、WEBデザイナーブログなど、もっぱら読む専門だった。
 しかしながらいつも購読しているWEBデザイナーブログでは「Word Press」のデザインカスタマイズが盛り上がっていたり、ニュースでは先述のブログパーツが盛り上がったりなどブログ事態とそれにまつわる話題に関して興味はあった。
 やはりこの手の面白さは読むだけの受け手よりも参加して自分であれこれやった方が面白いだろうし、先の広告代理店の彼にも説得力ある何かを伝えられるだろうと思い、思い切って始めた。


全く何も考えずに

 WEBデザイナーとして本来ならばテーマを決めて専門的なブログに仕立て…と、いろいろ準備するものかもしれないが、日記すらまともに書けない自分にそんな自信はない。続ける習慣を付けるためには、あえて制約を付けないようにした。あるときは日記、ある時はレビュー、ある時は備忘録としていつでもアクションが起こせるようにした。そしてしばらくは何もなくても無理矢理にでもエントリーするように心がけた。
 結果、全く統一されたテーマのない個人的な日記になってしまったが。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。