• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いなりで泣いた

泣いた事、あります

泣いた事、あります

 食べた瞬間に涙が出て来てしまった。人前で恥ずかしかったが、ごく自然に、いつの間にか「つー…」と涙が頬をつたってそれから止まらない。ついにはその場から逃げ出して来てしまった。


ヨーロッパで自炊

 ヨーロッパ滞在もいつも間にか長くなり、2年目を迎えようとしていた。それまで旅して来たアジアの国と比べ、東欧辺りから風景は格段に近代化した街が中心となり、それまでしたくてもできなかったCD屋や、古着屋、本屋巡りも少しづつできるようになった。旅の途中とは言え、普段の暮らしが少しづつ見え隠れするようになった。
 その代わり物価は高くなり、気軽に外食はできなくなったものの、自分で材料を市場で買って来ては好きなものを作って食べて楽しく暮らしていた。パンやチーズ、たまにお米を炊いてと簡単ではあるが、美味しく食べて、町をぶらついていた。


日本文化祭り

日本文化祭り

 いやぁ、どこでも暮らして行けるな。ホームシックなし!なんて調子に乗っていた頃、地元の子に「日本文化紹介のフェスティバル」があるから行こうと誘われた。
 思いのほか迫力のあった和太鼓演奏を始め着物、書、花の展示が素晴らしく、改めて日本文化を見直した。
 別のコーナーには日本食の試食会もあり、ちらし寿司やのり巻きが振る舞われていた。
 日本人のおばちゃんから差し出された稲荷寿司を食べた瞬間、涙が出た。この味は…、ごく普通なんだけど、最近忘れていたお酢の酸味と油揚げのコクと…いろいろ頭の中で想いが回っていたが、何かに飢えていたんだなと思った。
 大好物って訳ではないけど、何か思い出しました。ありがとうおばちゃん。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。