• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘は描かない

10年前インド・バラナシで

10年前インド・バラナシで

 普段はクライアントありきのデザインばかりだが、余暇にはイラストや絵を描く。それまで文字を書くことすら億劫がっていた僕が、10年前インド・バラナシで絵を描き始めたのは友人のKによるところが多い。
 Kとは出会ってから、すぐに意気投合した。ある時、彼はさりげなくスケッチブックを差し出して「見てみてよ」と僕に手渡した。それがあまりにも自然で、押し付けがましさや、嫌らしさが一切ない。とても素敵な人だなと思った。
 彼はアーティストというより、絵を描くことを生業にしている職人、或は旅人といった感じだった。


真っ白なページ、真っ黒なページ

 その彼に感化されて無性にペンを持って、ガリガリとスケッチブックの上を走りたくなった。といっても子供の頃の「お絵描き」以来、10年以上絵を描いていない。いざスケッチブックを開いても何も思い浮かばない。それこそ最初は自分の名前ばかり描いていた(笑)
 「自由に描けばいいよ」彼は言う。そう言われても、なかなかうまくいかない。だがついに開き直って、その部屋の風景を殴りに殴り描きした。輪郭の線は何度も何度もなぞられ、ふと気が付くと真っ白いページが真っ黒になっていた。
 「…白いとこないじゃん」心の中でつぶやく僕。
 「いいじゃないか」明るい顔でそう言ってくれたK。
 ここで彼がこう言ってくれたのは本当に助かったし、それを鵜呑みにする自分の単純さも感謝した。



嘘は描かない

嘘は描かない

 調子に乗って、思い切ってガート(ガンジス河の沐浴場)に出て暖かい冬の日差しを浴びてスケッチをしようと出かけた。
 「下手くそ~」と地元の子供たちの冷やかしがうるさい中、ふと頭に思いついた。
 「とにかく嘘は描かない。見えた物をそのまま描く。似てない、表現できていないというのは技術上の問題であり、将来的に解決できる物だが、嘘は修正できない」と。
 急にペンが走り出した。可愛い子供たちの絵を描く、でも太ったおっさんのような仕上がりにガクッとするがへこたれない。頭と手(技術)がリンクしない。クソー!
 ただ描いていてとても気持ちよかった。最初は冷やかしていた子供たちがいつの間にか「ねぇ、僕を描いてよ」「私を描いてよ」と争うように僕を囲んでいる。
 帰ってKにその絵を見せると「うん、線が生きてるね」と言ってくれた。


知るために旅を続ける

 「嘘は描かない。見たものをそのまま描く。似てないのは技術上の問題だから気にするな」
 今でもこのことばは心の中にあり続けている。技術面で言ったら相変わらず下手で、何も成就していないのだが、この言葉が自分にとって何かのキーワードに思えてならない。それを知るために旅を続けているような気がする。
 バラナシは本当に不思議な町だ。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。