• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率の良い情報収集を目指して:SNS編

ネット上に自分の分身を存在させる

 ネット上に自分の分身を存在させるということばを初めて知ったのは「ウェブ進化論/梅田望夫著」からだが、なるほどなと思った。
 その中で特にSNSは分身のキャラクタライズには最適だと思う。コミュニティーへの参加やフォロワーなどからIDの個性が形成されていくからだ。プロフィールは自分自身である程度カスタマイズする手間が必要だが、コミュニティーへの参加やフォローはそれこそワンクリックで完了する。それがたまっていくとある程度の趣味嗜好が分かってくる。他人もそうだし、自分自身の発見にもなる。


SNS参加

 そこで、効率の良い情報収集を目指して2番目に取り組んだのがSNS参加だ。フォローしたIDからの専門的な情報を収集すること出来るからだ。これは先に述べたGoogleリーダーと併用して、欲しい情報が自動的に僕の分身(ネット上のID)まで送られてくる。次にリアルの僕が時間制限(1日1時間以内)の中で更にふるいにかけ、必要な情報を受け取るという構造にした。


リツイート(Twitter)とリブログ(Tumblr)

 また注目している点としてはリツイート(Retweet:Twitterの機能)とリブログ(Reblog:Tumblrの機能)だ。最新の情報が然るべき所から発信されても、時が経てばアーカイヴ化し、やがては埋もれる。しかしリツイートとリブログのお陰で最新情報を見逃してもまた更新情報として浮上してくる。ある種のリマインダー的役割も果たしている。
 またリツイート、リブログは発信する側からも自分のログとして残るのでブックマーキング的役割もあって非常に重宝している。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。