• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー

歴史の証人になれる

歴史の証人になれる

東京スカイツリーの施工から完成までの間、東京に入れるという事はある意味歴史の証人になれるという事だ。この境遇をラッキーだと思った。
 数年前、何となく安藤忠雄氏と新しい東京タワー(厳密には違うのだが)というネットでの記事を読んでドキドキした記憶がある。こんなバカでかいものが本当にできるのかと半信半疑で過ごすうち、東京に引っ越してきた。次いで東京スカイツリーの建設が始まった。


経験による獲得

 以前「Always~3丁目の夕日」に建設途中の東京タワーの映像が出た時、既に完成品として存在している巨大ものにもその過程があったのだとまざまざと知らされた。それはいつでも見れる訳ではなく、建設途中に東京にいた極限られた人々の記憶にある。情報がザーバーにアップされて、いつでも取り出せる状態でありながらもやはり経験という事に関してはインターネットでは補えない。その象徴的な経験を自分は得られるチャンスにある。


案外それはあっさり現れた

案外それはあっさり現れた

 既に東京スカイツリーの近くまで行った家族や墨田区に住む友人の話からだんだんと自分の中でテンションを上げていき、晴れた暖かい春の日に見学を決行した。
 案外それはあっさり現れた。と言うのもデカクてどこからでもビルの間からニョキっと見えているのだ。


美しい建設途中

 建設途中とはいいながらも既に綺麗な外観をしている。足下を見ると工事現場らしさはあるものの、上を見ると建設途中なのか完成なのかの区別はつきにくい。
 あまりにもビル然としていて途中というような感じがせず、いまいち感動にかけたというのが率直な感想。
 夕刻の柔らかい光に照らされた東京スカイツリー(途中)。当然だが、デカクて写真の枠に入りきらない。首も痛い。
 麓の下町とのコントラストが面白い。ここもやがて変わっていくのだろうか。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。