• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュアルでやってます

 現在オフィスで使用しているPCはMacOSXとWinXPの2台。プライベートマシンがMacOSXなのでMacで統一したいのはやまやまだが、未だにWin70%:Mac30%といったところ。互換性やあれこれ考えると、ほんとChromeOSが待ち遠しいところか。もうどっちでもいいぢゃんMacとかWinとか。
 WinXPを使っている理由はズバリChromeブラウザと、Google日本語入力。他にもIETeaterだのいろいろ細かいのはあるが、使用しているMacがOSX10.4.11でPowerPCなので、決して超える事の出来ない壁が出来てしまった。
※Chromeブラウザと、Google日本語入力はMacOSX10.5(Intel Macのみ)以降対応
 よってブラウジングとタイピングはWinXPが断然早く、当然作業の大部分がWinXPになってくる。しかしまぁタイポグラフィーやUI見てるとがっくりくる。せめてグラフィックはと資料作成に関してはKeynoteに移行した。
 違うOS間を行ったり来たりと忙しなく思うかもしれないが、別のPCで別々の作業を同時進行でき、CPUのパフォーマンスなんかも立ち上がっているアプリが分散された結果、以外にスピードは向上している様に思える。

 ただこういう悩みを抱えているとMicrosftやAppleよりもGoogle贔屓になってしまうのは当然の流れじゃないだろうか。ただGoogle1社というのも不安なので、近い未来に別の企業が現れる、或はべつのアイデアやソリューションがあればいいんだけど…


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。