• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直感とマニュアルで獲得する柔軟性

直感とマニュアルで獲得する柔軟性

直感的に行動すること、飛び込んで行く事も大事だ。
おさらいによってより深められる。

 直感的な操作でその場をなんとか解決し続けていっても、最終的には効率が悪くなるかもしれない。Keynoteを使っているうちに何となくそう感じ、一度マニュアルに目を通しておさらいすることにした。
 AdobePowerPointと微妙に違うな操作感が段々ストレスになりつつある。当然違うアプリなのでそういったストレスは無茶な話だが、知らず知らずに頭が固くなってたのだろう。むしろそっちの方が危険だ。分かり切った事に対して目を通すだけでもパワーの要ることだが、柔軟にニュートラルな立場から理解し判断を始めるには必要な工程だ。
 時折現れる新たな発見の喜び、知らなかった基本的なことへの恥ずかしさに頭をノックされながら分厚いマニュアルもやがて終わりに近付いた。
 また新しいアプリと友達になれたような(?)奇妙な連帯感を抱く。何にしても、関係や理解が深まるのはいいことだ。

 同じような学習方でよかったのは語学だ。語学学校に行かず、とにかく地元スペイン人と遊びに行っては身振り手振りと無茶苦茶なスペイン語で喋りまくった。帰国の数カ月前にしかるべき教育機関でおさらいした結果、頭打ちだった表現に飛躍的向上がみられた。
 いずれにせよ、直感的に行動すること、飛び込んで行く事も大事だ。言語ではなく、コミュニケーションとしての学習においてのこの工程は僕にとってはなくてはならないものだったからだ。




コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。