• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣き叫ぶほど欲しい…か?

 帰り道、商店街を歩いていると子供の絶叫が聞こえた。声の方を見ると女の子が地面にへばり付いて「もっと遊びたーい!」と泣きじゃくりながら母親に訴えている。
 泣き叫ぶほど何かを欲したりするなんて随分ないなぁと思い返すと、高校生の頃が最後だった。さっきの女の子は5歳くらい…。較べて恥ずかしくなった。
 最近ではそこまで欲しいものは無くなった。それよりも今既にあるものを失う方がきつい。家族とか友人とか。
 水とか空気とか地球の自転のように普段は気付かない大切なものを感謝しながら、感じながら生きて生きたいなぁと、夏休みの最後(8/31)に思うのだった。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。