• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山笠の季節がやってきた

博多祇園山笠

 先日父が博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)の写真を送ってくれた。父は今でも参加し、活躍している。僕も子供の頃は毎年参加してたので、とても懐かしい。
 へこ(ふんどし)を締めて、手ぬぐいをねじって頭にきつく締める。ぱりぱりのハッピを着て外に出たとたん誰かにバケツいっぱいの水をかけられる。負けじと応戦し、雄大で、美しい山笠が近くを通るとうっとりして、立ち止まってしまう。町内の仲間とおつかれさんのご飯を食べると、もうくたくただ。
 最近は引っ越しや、仕事で参加する事もなくなったが、またいつか父と、弟と山をかき、追山(レースのフィナーレ)後の午前の光を浴びながら酒を飲みたいものだ。




コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。