• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも旅は終わらない

 「旅行人」が休刊になる。(「旅行人編集長のーと」より)週末、偶然にも集まった元バックパッカーたちから知らされた。
 僕にとっての旅行人といえば、トルコに入国し途端、気が緩んだせいかなくしてしまった「アジア横断」だ。かなりゆっくりと各国を渡り歩いていたので、随分読み込んでいた。何となく寂しいお別れとなってしまったが、それもまた象徴的だ。
 それから当時オンリーワンの情報だった「チベット」無くしてチベット越えはあり得なかった。観光だけでなく、調査員の方々の足跡を感じながら旅する楽しさもこの本に教わった。
 「チベット」に関して言えば、英語版が出るという噂を聞いた時、日本人の旅行者としてなんとも誇らしいというか、勇気をもらった気がする。

 帰国して随分絶つものの、気持ちの面ではまだバックパッカーだと思い続け、隙あらばバンコク(タイ)に行けば何とかなるなんていつか来る「その日」を楽しみにしている。
 バックパッカー減少し、「旅行人」が休刊になるとは言え、「旅する人」がいなくなった訳ではない。ただ今はいつも傍らにあった「旅行人」への寂しさと、リアルが錯綜している。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。