• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠を追う

 Google Appsを利用するにあたって、メールはPOPにて受信せず、IMAPで常にGoogleサーバーを参照するようにしている。端末毎のデータのばらつきを避けるためだ。
 概ね不満はない。が、二点だけ致命的な欠点がある。
 一点は返信済みマークが表示されないこと。これはスレッド表示をONにする、或はメールクライアントを使えば解消される。しかしスレッド表示はメールの見落としと参照しづらさがあり、現在は機能OFFにしている。またGmailGoogle Chromeの相性の良さを知った今、今更メールクライアントは使う気にならない。
 Labsにて返信済みマーク表示機能があるのかも知れないが、Premium Editionには管理者からの承認など手続きなども必要で、社内ツールの根幹となるメールにベータ版を推奨しる強力な理由もないので諦めた。
 もう一点は送信済みメールの管理機能が弱いところだ。
 基本的には受信メールが重要だが、自分が特定の人物にどういったアクションをとったのか、その履歴(証拠)は僕にとってはかなり重要な機能になる。僕の作業のほとんどがクラウドにある以上なおさらだ。
 今のところThunderbirdと同期させ、上記二点について参照している。
 世の中の人にとって「送信済みメール」はそれほど重要ではないのだろうか。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。