• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最適な入力フォーム

 目の前で年輩の男性がケータイでメールを打っている。片手で携帯電話本体を支え、もう片方の手で入力している。人差し指で一文字づつ。
 更に老眼なのだろうか、携帯を支えている腕は前に突き出すようにしている。よって満員電車にも関わらず、この方の向かい側には空間ができている。覗き込んだわけではないが、大きな文字表示画面だった。
 何が言いたいのかというと、それぞれの人と、それぞれの端末に合った入力フォームがあるという事だ。
 iPadのタイピングは難しいと思っていたが、両手で持って、親指で打っていると案外スムーズにいけた。
 iPadは通常、打ち合わせやミーティングで使用するのでテーブルに置いてそれぞれメンバーの人差し指がにょきにょき現れてタッチされる。タイピングも人差し指一本なのでやり辛い。パーソナルな持ち方で初めて上手くタイピングできた。
 となると、やっぱり欲しいなあ、iPad。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。