• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookに登録して、まずやるべきこと

Facebook

まずは友達の検索から。

 多分に漏れずFacebook勉強中なのだが、取り急ぎ何をすべきかと聞かれればプライバシー設定だろう。アカウント開設当時はたいした情報もないだろうが、時が経つにつれて当然個人的な情報が貯まってくる。後で情報を覆っていくより、小出しに情報を開示していく方が安心だ。実名登録で足踏みしているのはこの問題をまず乗り越えられるかだろう。




Facebook

次に友達リストの作成。

 ここで言うプライバシー設定と言うのは、友達でないものに情報を公開しないのは当然だとして、友達として繋がりを持った後の場合ことだ。
 公私共々オープンにすればするなりに得られる事があるだろうが、僕のショーモナイ「ウォール」を見られたくない方々もいます。




Facebook

プライバシー設定を。

 手順としては「友達を検索>友達を編集>リストを作成」で例えば「ビジネス」というリストを作成する。
 次に「プライバシー設定>設定のカスタマイズ」から公開のレベルが「友達まで」の項目を「カスタマイズ」に選択する。ダイアログボックスの「以下のリストを除く」下の入力エリアに先程「友達リスト」に新規登録した「ビジネス」を入力する。
 プライベートな友人、仕事上での関係者などとりあえず友達登録はするもの、最初はその「友達」を「友達リスト」の「ビジネス」に属させる。属性を付けるタイミングは様々だが、「友達を検索>友達を編集」で設定するのが基本だろうか。




Facebook

公開範囲の細かな設定をします。

 「ビジネス」に属している「友達」からは僕の情報はほぼ見る事ができない。その「友達」からすれば僕のページは「友達」となってない時とあまり変わらないだろう。
 後は公開範囲をカスタマイズした「友達リスト」を新規に作成し、随時登録した「友達」の属性を変更していく。
 数年前にミクシィを退会したので情報が古いが、ここまで細かくプライバシーを設定できるというのがFacebookとミクシィとの決定的な差ではないたろうか。リアルなヒューマンコミュニケーションがオンラインにあるようなものだ。そこにはデリケートな人間付き合いやマナーも存在する。




Facebook

最後は友達の属性を割り当てる。

機能から制作者からの熱い思いが感じられたのは久しぶりだ。




コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。