• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイルランニングデビュー

 ついにトレイルランニングを実施しました。
 実際は山登り+アルファくらいな規模かもしれませんが、尾根筋を滑走する快感はやはり空を飛ぶが如しです。
思ったより疲労も少なかったのは日頃のランニングの成果だと思います。
お陰で走りながらも景色を楽しむことが出来ました。

 面白かったのは「滑走」の快感だけではありませんでした。
 「集中と開放」が激しく連続で訪れるのです。下りの岩場を駆け下りるときの緊張感。滑落したくない、ひいては死にたくないという強い思いが集中を産み、まるで風景の中に溶け込んだひとつの「点」になったような気がします。また最後の傾斜を登り切り、突如視界に広がったパノラマを眺める時の開放感。縮こまった気持ちが一気に拡散されて光の粒となりどこまでも自分が広がっていくような気になします。その両極端な肉体的・精神的な揺れによって何かが変わっていくような…そんなトレイルランニングデビューでした。

 それでもさすがに疲労は溜まっていました。下山後、スーパー銭湯に3時間いましたが、まだ物足りないくらい。打ち上げの飲み会も半分寝てたような。

 いつか「ハセツネカップ」みたいなレースに出場することが出来れば、というのが新しく生まれた僕の夢の一つです。


コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。