• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真昼の赤

真昼の赤

 春のブダペストハンガリー)。昼に友人がパスタを作ってくれた。食卓に料理が並んだ後、1本の赤ワインのボトルが中央に置かれた。平日の食卓が華やかになる。みんなも笑顔だ。
 美味しく食べて、少~し酔った頃、友人は街に出かけると席を立った。これからみんなで飲むのかと思っていたので意外だった。出掛けに彼は「日本人はほろ酔いってのを知りませんねぇ」
 なるほど、ほろ酔いでいい気分で春風さわやかなブダペストを歩く。いかにも何か新しいことを発見できそうな予感がする。
 素敵だなと感心してたら、ヨーロッパのランチではよくワインやビールが出てくる。スペインの学食で頼んだセット(定食)のドリンクはビールかティント・デ・ベラーノだけだった。
 日本でランチにアルコールは飲まないが、夜になると歌舞伎町あたりではよくぶっ倒れている人達を見かける。
 とことんやるのも好きだけどね。




コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。