• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り合いバスに乗って

乗り合いバスに乗って

 生活に欠かせないものの一つに自転車がある。今日それが修理のため自転車屋に預けることになった。急にどこにも行けないような錯覚を覚える。
 今こうして、いつ来るとも分からないバスを待っていると旅の空を思い出す。親しんだ町を離れ、次の目的地への期待と不安を抱え、何杯もチャイを飲んだり、タバコを吸ったり、お菓子をボリボリ食べたり。
 発車すると待ち構えたように頭の中でテーマソングが流れるのだ。旅情に浸ってると到着する。ってのは日本のことであって、アジア諸国のンボロバスでは固い座席と悪路との戦いだ。40時間を越える旅なんかもあった。
 以前、何かの本で「若い体力のあるうちに旅に出ておきたい」という一節があったが、確かにあの頃と同じ旅は体力的にはきついかもしれない。
 バスに乗りながら、またひとつ自分の思い出を大切に思うことがあった。




コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。