• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水だしコーヒー

コーヒー

 雨の日の午後、喫茶店にコーヒーを飲みに行った。家でもドリップするが、専門店のそれとはやはり違う。時々無性にあの香りを味わいたくて足を運ぶ。喫茶店の楽しみ方も年代によって変わるのだろうか。最近はコーヒーそのものを味わいたいがために通うことも多くなった。
 水だしコーヒーを出してくれるその店(それいゆ:西荻窪)で、ブレンドを頼んだ。
 水出しコーヒーを初めて知ったのは「美味しんぼ・54巻」の「水だしコーヒー」だ。いつかは飲んでみたいと思ったが意外と近くにあったので、拍子抜けしたが、とにかくうれしい。
 香りが違う。くどくなくて、爽やかですらある。味というと、酸味が嫌らしくなく、甘く丸く、瑞々しい。いつかは自分でもこんな風にコーヒーを入れるようになりたいものだ。ましてや水出しとなるともっと厳しいな。
 本格的にコーヒーが好きになったのはヨーロッパからだ。とにかく気軽においしいコーヒーがどこでも楽しめる。中でも大きな要因の一つに、各家庭で気軽に使える直火式の抽出器がある。粉をつめて、そのまま火にかけるだけで簡単においしいエスプレッソができる。しかも使った後は中までジャブジャブ洗えるし、さらにやかんとさほど変わらない金額で販売されている。
 帰国の際、かさばって仕様がなかったが、何とか持って帰ってきた。が、コンロの五徳よりも底面が小さいために往生したり、水と金属が合わなかったのか、白い付着物(カルキ?)が内側にできて、快適なコーヒーライフとはいかなかった。今後はIHの普及(五徳を使わなくていいから)や、金属素材の向上でポピュラーになっていくのを期待する。
 フィルター式は苦手だが、あの仰々しい工程がいつかは面白く感じるようになるのだろうか。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。