• Go to Menu
  • RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空が落ちてくる

20090905164053

 大学生の頃、ゼミの合宿で沖縄本島北部の村に滞在した。沖縄に来てからの初めての夏休み、合宿といっても半分は旅行みたいなもの。終始はしゃいでいた。
 さて夜になると当然ビーチパーティーという事で、海岸でバーベキューと花火を楽しんだ。そこで恐怖のあまりに思わず地べたにしゃがみ込んでしまったことがある。満天の星空だ。かわいらしくキラキラ輝いているという感じではない。濡れた爬虫類の背中のように黒い空が光っているのだ。
 僕以外の地元の仲間たちは、普段よりも星がよく見えるといった程度だが、僕はそれ以上空を見上げることが出来なかった。見えすぎることがこんなにも強烈だとは思わなかった。
 今にも落ちてきそうな星を頭上になすすべもなく、震えてていた。空から攻められたら、あまりにも無防備だった。このままでは爆弾が落っこちる時、すべてを受け入れるしかないなと思った。



コメントの投稿

※承認制のため、即時には反映されません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。